2014 前半の成果 ツルの北帰行

三月初め、父親の用事で鹿児島に行くようになりついでにツルの北帰行を見て来ました。

マナヅルはほとんどが二月中に帰ってしまうのであきらめていました。

着いた当日は東干拓にいたはずのアカツクシガモを探します。今まで有った田んぼに
入れないようにしていた柵も取り外されていてバーダーさんは一人もいません。
一時間ほど探しあきらめて今日の宿泊場所に行こうかと帰りかけた瞬間、目の前を
何か飛んで行きます。飛んだ方向を見るとすぐ側の田んぼにアカツクシガモがいます。

b0219877_19303995.jpg

初めて見ましたが通常のカモより大きいと感じました。
溝で藻の様な物を食べています。

b0219877_19385723.jpg
飛んだところで終了です、とてもフレンドリーにポーズを
とってもらいました。最初はかなり警戒心が強く車で近所まで
行くとツルのいる柵の中に入って出て来なかったそうです。

b0219877_19311669.jpg

翌日はツルの北帰行を見るために早起きをして長島の行人岳に行きましたが、目的の海の方は飛ばず
反対側の風力発電の風車の方ばかり飛び遠くから見るだけでした。昼近くになり夕日とツルの飛行にはまだ
時間が早いので一昨年見たハイイロチュウヒを薩摩川内に探しに行きましたが、何もいません。

夕日とツルのコラボと思ったのですがうまく撮れません。証拠画像です。

b0219877_19312949.jpg

3日目、今日は午後は父親を迎えに行って帰ります。
昨日、時間等を聞いていたのでゆっくり朝食をとって出発です。
8時過ぎに到着、本日も一番乗りです。マナヅルの北帰行が二月中なので
三月はいつもこんな感じらしいです。昨日、出水のツルセンターの方が
明日は天気が悪いので飛ばないよと言っていたのが気になりますが、
天気の方はまずまずです。昨日も良く教えて頂いた地元のNさんがカメラを
セット仕始めました。それなら私もと思いトイレ裏にセットします。

待つこと約一時間、Nさんが飛んで来ていると教えてくれました。
方角を指してもらうのですが私にはわかりません。
そうこうしているうちにだんだん近づいてくるのがわかりました。
それもあきらめていたマナヅルの約100羽です。

この画像が一番近くに飛んだ時です。
遠くにいるときは遅く感じたのですが近くに来るととても早く通過して行きます。
最後のマナヅルを見られたので満足です。
その後はナベヅルばかりの集団で中にはマナヅルが2羽とか混じっています。

b0219877_20010203.jpg

11時も過ぎた頃、もう飛ばないだろうと引き上げます。
地元の酒屋さんに頼んでいたお土産の芋焼酎を引き取りに行き
父親を迎えに行きます。



by fzd00222 | 2014-08-12 07:05 | 野鳥 | Comments(0)

四季折々の風景や野鳥&飛行機